【早く帰った日は投資の勉強を】20-30代から始める資産形成セミナーを開催します

メルマガ

弊社では5月のGWに「GWは投資の勉強をしましょう🎵」ということで資産形成セミナーを開催しました。

このセミナーは質問もたくさんあり、大変盛り上がったセミナーとなりました。

と、いうことで平日の夜も投資の勉強を皆さんにしていただきたいと思い、21日金曜日19:30より同じ内容ではありますが、資産形成セミナーを開催します。

今日は、資産形成の実態について話していきたいと思います。

👆本ウェビナーは開催終了しています。

資産形成どれくらいの人がやっている?

みずほ銀行が2020年12月に行った「資産形成に関するアンケート」によれば、資産形成をしている人は全体の約6割だそうです。

資産形成をしている理由の1位は「預金だけだと金利が少ないため」となっており、低金利時代に「金利がつかない」ので何かほかの方法で資産を形成しなければと思っている人が多いようです。

とはいえこのアンケートを読み進めてみると資産形成を行っている人の方法第一位は「定期預金」となっています。

実はみんなやっている?資産形成をしている人としていない人の違いとは

(実はみんなやっている?資産形成をしている人としていない人の違いとは/みずほ銀行)

上記した通り、今の日本は超低金利の時代です。

定期預金にしたところであまり金利がつかないのがオチだと筆者は思いますが、それでもやったことがない株式投資やNISAに手を付けるよりは額面が動かない方がマシいったところでしょうか。

積立投資が資産形成にはおすすめ

弊社の資産形成セミナーでは、定期預金を使っての資産形成ではなく投資信託の積立を使っての資産形成をお勧めしています。

下記のグラフは月3万円の積立投資を15年間続けた場合のシミュレーションを表しています。

積立投資の極意/三井住友DS投信直販アセット

投資元本は540万円なので定期預金で同じように積立した場合、540万580円になります。

ですが、国内株式、世界分散、外国株式の資産に同様に積立した場合、図のような結果となります。

一番パフォーマンスの悪い国内株式でも積立投資元本との差は250万円以上あり、リーマンショックなどの下落を経験しても投資信託を使っての投資をした方が良いということになります。

ぜひこのセミナーに参加し資産形成を始めましょう🌟

先ほどのみずほ銀行のアンケートには資産形成をやらない理由も掲載されており、1位の「必要な資金がないから」という理由は仕方ないにしても、2位や3位の「何をすればいいか分からないから」、「呆然と怖いから」という理由は勉強して知識を付ければ解決できるような理由だと思います。

今回のセミナーでは金融のプロであるIFA会社株式会社Innovation IFA Consulting代表の馬場が講師を務め、セミナー中はチャット機能を使うことで分からないことはすぐに質問することができます。

ぜひ参加と積極的なご質問お待ちしておりますとともに、皆さんの資産形成を初めて頂ければと思います🎵

👆本ウェビナーは開催終了しています。

タイトルとURLをコピーしました