【IFA社員に直撃インタビュー】なぜIFAを選んだのか?IFAの働き方について話します

コラム

世の中の注目度が上がっていることもあり、昨今「IFA」に証券会社や銀行、保険会社社員から転職する人が増えています。

今日は弊社株式会社Innovation IFA Consultingの社員に直撃インタビューし、

  • なぜ証券会社を辞めてIFAになることを選んだのか
  • IFAの働き方

など語ってもらいます。

「証券会社とIFA」何が変わった?

証券会社は「数字を詰める文化」なのに対して、IFAは「お客様のために」ということを常に考えることが多くなりました。

証券会社だと支店の数字(手数料目標)が終わっていないと残業があったりしましたがIFAはそういうことがありません。

あの時間は本当に不毛だと思っていたので、あの時間がないのは良いです。

その分「お客様のこと」を考えて、どんな悩みがあるのか、それに対してどんな提案ができるか考える時間がとても多くなりました。

IFAとして株式会社Innovation IFA Consultingに入社した理由は?入ってどう?

社長の馬場とお会いしたことがきっかけだったんですが、硬すぎずフランクすぎず接しやすい雰囲気があって、また人間的な魅力も感じたので入社を決めました。

同僚と切磋琢磨してやっているので成長できる環境です。

前職は「どうやってお客様に販売しようか」と考えている時間がほとんどでしたが、今は「会社がどうやったら今後良い方向に向かっていくか」ということをみんなで考えている時間が多いです。

営業以外の時間が多くなったことで、成長も実感できているというのが現状です。

働き方はどう?

スケジュールは自分の自由に決められます。

今日も子供を見送ってから出社しています。

だからこそ、「自主性」がないと逆に言えば非常に難しい働き方だと思います。

IFAに向いている人ってどんな人?

与えられる仕事がないので、仕事を与えられないと仕事ができない人は向いていないと思います。

証券会社や銀行って、どうしても大企業でのしがらみが少しばかりはあると思うんですけど、弊社はしがらみはないですし自分のやりたいことも認めてくれる環境なので、会社との意見の違いがある人は一歩踏み出すと自分の成長機会を得られると思います。

自分の仕事の社会的意義は何ですか?

資産運用・株式投資は抵抗感があると思うんですけど、一般の人からその抵抗感をなくすことです。

そのためには自分たちはお客様の役に立たなければならないですし、数字の成果はもちろんのことながら、この人と付き合いたいなと思ってもらえるようになることで、株式投資・資産運用が一般化して皆さんがお金持ちになってもらえればいいかなと思います。

夢はこの会社を大きくすること

今回インタビューした彼は、最後の質問「仕事での夢は何ですか?」という質問に「この会社を大きくすること」と回答してくれました。

このように

「会社を良くしたい!」
「成長させたい」
「その成長に自分が関わりたい」

という意欲のある人を株式会社Innovation IFA Consultingでは積極的に採用しています♪

ぜひお気軽に株式会社Innovation IFA Consultingにお問い合わせください。

この記事を動画で見たい方はこちら👇

【IFA社員に直撃インタビュー】なぜIFAを選んだのか?IFAの働き方について話します

タイトルとURLをコピーしました