「IFA」とは?今注目されているIFAの仕事内容・メリットを話します

コラム

皆さんはこの3文字の言葉をご存じですか?

「IFA」

証券会社や銀行など金融機関に勤めている人なら昨今一番聞くローマ字3文字かもしれません。

IFAとは「Independent Financial Advisor」の略称で、日本語では「独立系ファイナンシャルアドバイザー」といいます。

今日は弊社の社名にも入っている「IFA」について

  • IFAとは
  • IFAってどんな仕事しているのか
  • なぜ今IFAが注目されているのか

などを話していきたいと思います。

IFAとは独立系ファイナンシャルアドバイザーのこと

繰り返しますが、IFA(アイエフエー)とは「Independent Financial Advisor」の略称で、日本語では「独立系ファイナンシャルアドバイザー」といいます。

「ファイナンシャルアドバイザーなら他の証券会社や保険会社の営業の人と何が違うの?」と思われるかもしれません。

大きな違いは「独立系」というところです。

従来日本のファイナンシャルアドバイザーと言えば、どこかの金融機関に所属し、所属金融機関の商品をお客様に提案する人を指しました。

しかしIFAは特定の金融機関に所属致しません。

「金融商品仲介業者」としての登録を行い、各証券会社と業務提携を結ぶことにより、各社の商品を販売する(仲介する)仕事をしています。

特定の金融機関に属さない=独立した立場でファイナンシャルアドバイザーという仕事ができるというのは特定の会社の営業方針やノルマに縛られる事がない」ということです

ファイナンシャルアドバイザー自身にとってこの点がどのようなメリットになるかというと以下のようにまとめることができます。

ファイナンシャルアドバイザーのメリット
  • お客様一番の提案ができる
  • お客様のことを考える時間が増える
  • 100%反映される評価体制で働ける
  • お客様からビジネスパートナーとして見てもらえるようになる

金融先進国の欧米では約30万人のIFAが存在しIFAに相談することが一般的となっていますが、日本は約4千人と、人口比を加味しても非常に少ない存在となっています。

IFAってどんな仕事しているのか

IFAと証券会社や保険会社の営業との間には「独立系」という大きな違いがあるとお伝えしましたが、やっている仕事内容に大きな違いはありません。

主に以下のような業務が挙げられます。

株式・投資信託保険節税
グラフを見るトレーダーのイラスト
株式や投資信託などの
金融商品のご案内
相談しているイラスト
ライフプランシミュレーション
などの実施
税金のイラスト
税理士や弁護士など
外部の専門家と連携し
お客様に合ったサービスを提供

これらの業務は証券会社の営業パーソンも行っていることですし、IFAも行っていることです。

なぜ今IFAが注目されているのか

では、やる仕事は変わらないのに「IFA」が注目されている理由は何なのでしょうか。

1番に挙げられるのは「IFAの人数が増えてきている」ことでしょう。

(出典:日本証券業協会「金融商品仲介業の登録外務員数の推移-2020年6月末をもとに筆者作成)

上の図は日本証券業協会が公表している「金融商品仲介業の登録外務員数の推移」ですが、IFAである金融商品仲介業者の外務員数はこの10年間で約2倍に増えています。

2010年には2千人程度だったIFAも、2020年には4千人を超えました。

増加している要因を明確に指し示すデータはありませんが、証券会社や保険会社の営業パーソンが転職しIFAになるケースは増えてきていると感じます。

IFAどうやって選ぶ?

証券業界を見てみると、対面証券、ネット証券いろんな会社があり、それぞれに色があったり差別化がなされていますよね。

IFAにも様々な会社があります。

弊社Innovation IFA Consulting(イノベーションアイエフエーコンサルティング)含め、最大手のアイ・パートナーズフィナンシャル社、ファイナンシャルスタンダード社、Fan社、Japan Asset Management社など挙げればきりがありません。(記述のない会社様すみません)

その中でどの会社を選んだらいいか迷いますよね。

もちろん書いている筆者はInnovation IFA Consultingの中の人なので弊社を選んでいただけたら大変嬉しいですが・・・選ぶポイントをご紹介したいと思います。

ファイナンシャルアドバイザーとして選ぶ場合
  • 会社の雰囲気
  • 社員の雰囲気
  • 雇用形態
  • 情報の手の入れやすさ など

以上が挙げられると思います。

様々な会社がホームページや各種SNSを使って自社のアピールをしています。

提供されているものはすべて見て、その会社の雰囲気や制度について知ると良いと思います。

ぜひIFA会社のInnovation IFA Consultingにご相談ください

今日はIFAについて話してきました。

まとめると、

  • IFAとは「Independent Financial Advisor」の略称で、日本語では「独立系ファイナンシャルアドバイザー」という。独立系であることが特徴。
  • 仕事内容は株式などの運用のご相談から節税まで幅広い。
  • IFAが今注目されているのは転職でIFAになる人が増えているから。

となります。

では、最後にせっかくなので弊社のご紹介をさせてください♪

イノベーションIFAってこんな会社です!
 ・会社の雰囲気が良く、同僚同士の情報共有や案件相談が頻繁に行われています
 ・社員は30代前後が多く明るくパワフルな会社です
 ・社員のほとんどが今の労働環境に満足しています

とお客様にとってもファイナンシャルアドバイザーにとっても安心して選んで頂ける会社かと思います。

弊社で働いている社員の声はこんな感じです♪

T社員
T社員

社員同士の仲が良く明るい雰囲気の会社です!優秀な仲間が集まっているので毎日切磋琢磨できる環境に満足しています。

K社員
K社員

相場の情報共有が頻繁になされており銘柄選びには困りません。自分のアイディアを積極的に発信できる環境です。

ぜひInnovation IFA Consultingにお問い合わせください。

【IFAになってお客様との関わり方は変わった?】IFAになる前と後の変化を現IFAが話します!
【IFAになって働き方は変わった?】職場・労働環境についてIFAになる前と後の変化を現IFAが話します!
タイトルとURLをコピーしました